鉄道が自分の趣味の1つになっているのは交通機関の中で鉄道がもっとも秩序ルールが確立している交通手段だから

鉄道が自分の趣味の1つになっているのは秩序ある交通機関だから

鉄道が自分の趣味の1つになっているのは秩序ある交通機関だから 鉄道を趣味としている人はたくさんいるなかで自分の趣味の1つになっている理由があります。その理由の1つは交通機関では海陸空それぞれ複数の手段がありますが、鉄道がこのなかでもっとも地上設備と連動して秩序ルールが確立しているからであります。その地上設備と連動しての秩序ルールの確立しているでありますが、まずこの交通機関を円滑に動かすにはルールがなければなりません。そのルールがいい加減だと例えば他の列車と衝突しやすくなったりとか、定時運転ができないとかなどのアクシデントが頻発してしまいます。

そのため古くから円滑な運営をできるために様々な秩序ルールを整備してきました。その秩序ルールではこの交通機関の場合はレールの上を走っているのでそれ以外の場所を走れないことにあります。その次にレールの上でも信号やそれのバックアップシステムや分岐器が数多く存在していますので、それを無視して走るというわけにはいきません。無視して走れば分岐器を破壊したり先行列車や対向列車と衝突してしまいます。なので信号や分岐器冒進をしても急ブレーキが作動するバックアップシステムが確立しています。さらに円滑な定時運転ができるように緻密なダイヤと運転ノウハウが作成されています。また客の変動に合わせて無理なく輸送できるようにした車両のやりくりのノウハウも出来上がっています。例えばこのダイヤでは後ろに何両どの駅でどう増結したり切り離したりするとかといったことも可能にしています。ですが他の交通機関だとこのような増結や切り離しという芸当はできません。定時運転に関してはバスやマイカーなどは渋滞の可能性もあるし、その気になれば速度抑制装置などないので速度超過を警察がいない限りはやり放題でキッチリの定時運転が守れません。道路信号は運転手にとっては気まぐれに作動しますので目の前でいきなり赤信号を出されるなんてことはよくある話です。また海上の船舶にしても空の航空機にしても運行できる場所はレールの上とは違って航行中はレールの上ではなく空や海の上なので機体や船体のことだけを考えての運行をすればいいだけに終始しています。しかし鉄道はそうはいきません。その複雑なたくさんの秩序ルールがあるから趣味に出来るのです。

関連記事・情報

Copyright (C)2016鉄道が自分の趣味の1つになっているのは秩序ある交通機関だから.All rights reserved.